NO IMAGE

主格・制限用法の which

which は先行詞が動物・物・事の場合、またときには子供や赤ん坊の場合に主格として用いられる関係代名詞です。wh...

記事を読む

NO IMAGE

主格・非制限用法の which

which は先行詞が動物・物・事の場合に主格として用いられる関係代名詞です。which の導く節の中で主語となり...

記事を読む

NO IMAGE

all + 複数名詞

「all + 複数名詞」で「全ての~」という意味になります。この場合の all は形容詞用法です。all の修飾す...

記事を読む

NO IMAGE

all + 単数名詞・不可算名詞

「all + 単数名詞・不可算名詞」で「~の全部の量」を表します。この場合の all は形容詞用法です。all の...

記事を読む

NO IMAGE

all + 場所・地域

「all + 場所・地域」でその地域全体、またはそこに住む人全体を表します。この場合の all は形容詞用法です。...

記事を読む

NO IMAGE

all + 時を表す語

「all + 時を表す語」で「~中ずっと」と、その期間全体を表します。この場合の all は形容詞用法です。all...

記事を読む

NO IMAGE

all + 抽象名詞・身体の部位

「all + 抽象名詞・身体の部位を表す名詞」で「~そのもので」「全身で」という意味を表します。この場合は副詞用法...

記事を読む

NO IMAGE

all(すべての物・事)

「すべての物・事」という意味で all を使うときは単数扱いになります。この場合の all は代名詞用法です。単独...

記事を読む

NO IMAGE

all(すべての人々)

「すべての人々」という意味で all を使うときは複数扱いになります。この場合の all は代名詞用法です。ただし...

記事を読む

NO IMAGE

同格の all

「we all」などのように人称代名詞と all を並べる場合、人称代名詞と all は同格です。同格とは、後続の...

記事を読む

NO IMAGE

all(全く、すっかり)

「全く、すっかり」という意味で all を使うときは副詞用法になります。 He is all wro...

記事を読む

NO IMAGE

部分否定の all

否定には「全く~ない」を表す全体否定と、「全てが~とは限らない」を表す部分否定があります。all と否定語を使った...

記事を読む

NO IMAGE

after all

「after all」で「結局のところ、つまり」「なんと言っても、やはり」などの意味の熟語になります。 ...

記事を読む

NO IMAGE

after all ~

「after all ~」で「~にもかかわらず」という意味になります。「after all」を単独で使う場合は、「...

記事を読む

NO IMAGE

at all costs

「at all costs」で「どんな犠牲を払っても」「ぜひとも」という意味になります。 I mus...

記事を読む

NO IMAGE

all along

「all along」で「最初から」「ずっと」という意味になります。know、feel などとともによく用いられま...

記事を読む

NO IMAGE

all at once

「all at once」で「突然、出し抜けに」「同時に、一度に」という意味になります。 The b...

記事を読む

NO IMAGE

for all I know

「for all I know」で「私の知る限りでは」「よくは知らないが」「たぶん」という意味になります。「自分は...

記事を読む

NO IMAGE

in all

「in all」で「全体で」「全部で」「合計で」という意味になります。 There are 700 ...

記事を読む

NO IMAGE

most of all

「most of all」で「何よりも」「とりわけ」という意味の熟語になります。 I want th...

記事を読む

NO IMAGE

once and for all

「once and for all」で「これを最後に」「この1回限りで」「最終的に」「きっぱりと」という意味になり...

記事を読む

NO IMAGE

all over again

「all over again」で「もう一度」「繰り返して」という意味になります。「最初から繰り返して」というニュ...

記事を読む

NO IMAGE

all the same

「all the same」は「にもかかわらず」「それでも」「やはり」という意味の熟語です。通常、文頭か文尾に置い...

記事を読む

NO IMAGE

all the way

「all the way」で「ずっと、はるばる」「完全に、全面的に」という意味になります。 He h...

記事を読む

NO IMAGE

all things considered

「all things considered」で「全てを考えてみると」「全体的に見て」という意味になります。 ...

記事を読む

NO IMAGE

all too ~

「all too ~」で「あまりにも~すぎる」「まったく~すぎる」という意味になります。 The h...

記事を読む

NO IMAGE

as ~ as …

「as ~ as …」は「…と同じくらい~」という意味の原級比較構文です。否定文では「…ほど~ではない」という意味...

記事を読む

NO IMAGE

as+形容詞+a+名詞+as

「as … as ~」で「~と同じくらいに…」を表す原級比較構文の … の部分に a great musician...

記事を読む

NO IMAGE

as ~ as any …

「as ~ as any …」の原級比較構文は、比較対象が特定の人や物ではなく、漠然と広範囲のものを対象とすること...

記事を読む

NO IMAGE

half as ~ as …

「half as ~ as …」は「…の半分の~」という意味です。「half」の部分を「one third」「tw...

記事を読む

NO IMAGE

as ~ as ever

「as ~ as ever」の原級比較構文は「相変わらず~だ」という意味になります。 She loo...

記事を読む

NO IMAGE

as ~ as can be

「as ~ as can be」は「この上なく~」「ひどく~」という意味の構文です。 I am as...

記事を読む

NO IMAGE

強意的直喩の as ~ as …

「A is as ~ as B」の形で「AはBのように~である」という意味を表す原級比較で、Bとの純粋な比較ではな...

記事を読む

NO IMAGE

as good as ~

「as good as ~」は「ほとんど~」「~も同然」という意味になります。 He as good...

記事を読む

NO IMAGE

as well as ~

「as well as ~」は「~だけでなく」「~のみならず」「~はもちろん」「~に加えて」のような意味になります...

記事を読む

NO IMAGE

so(as) long as ~

「so(as) long as ~」で「~である限り」という意味で、条件の副詞節を導く接続詞です。 ...

記事を読む

NO IMAGE

not so much ~ as …

「not so much ~ as …」で「~よりはむしろ…だ」という意味になります。「not so much a...

記事を読む

NO IMAGE

as a consequence

「as a consequence」は「その結果」「従って」「結果として」という意味の熟語です。of をつけて「~...

記事を読む

NO IMAGE

as a last resort

「as a last resort」は「最後の手段として」「結局」という意味の熟語です。 The u...

記事を読む

NO IMAGE

as a matter of course

「as a matter of course」は「当然のことながら」「もちろん」という意味の熟語です。 ...

記事を読む

NO IMAGE

as a rule

「as a rule」は「一般に」「概して」「ふつうは」という意味の熟語です。 He gets up...

記事を読む

NO IMAGE

as a whole

「as a whole」は「全体として」「ひとまとめで」「概して」という意味の熟語です。通常、名詞の後に置いて使い...

記事を読む

NO IMAGE

as a boy

「as a boy」は「when I was a boy」と同じ意味で、「少年時代には」「子どものときは」となりま...

記事を読む

NO IMAGE

as follows

「as follows」は「次のとおり」「次のように」という意味の熟語です。 The results...

記事を読む

NO IMAGE

比例を表す as

「~するにつれて」「~しながら」というように比例を表す as の使い方を紹介しています。 As we...

記事を読む

NO IMAGE

時を表す as

「~するときに」「~しながら」「~したとたんに」というように時を表す as の使い方を紹介しています。when や...

記事を読む

NO IMAGE

理由・原因を表す as

「~だから」と理由・原因を表す as は、主節の前、もしくは付け足し的に主節の後に置かれます。接続詞の as には...

記事を読む

NO IMAGE

「~のままに」を表す as

接続詞の as にはいろいろな意味があります。ここでは「~のままに」「~のとおりに」という使い方を紹介しています。...

記事を読む

NO IMAGE

「同じくらい」を表す as

「as ~ as …」で「…と同じくらい~」という意味の原級比較構文の、後半の as 以下を省略して「同じくらい~...

記事を読む

NO IMAGE

as is usual

「as is usual」は「よくあることだか」の意味の慣用表現です。「~には」という意味で usual のあとに...

記事を読む

NO IMAGE

as is often the case with ~

「as is often the case with ~」は「~にはよくあることだか」の意味の慣用表現で、asは主...

記事を読む

NO IMAGE

as it is

「as it is」は「しかし実は、実情は」という意味で使うほか、文尾に置いて「現状でもすでに」という意味にもなり...

記事を読む

NO IMAGE

as it were

「as it were」は文の途中、または最後に置かれ、「いわば」という意味を表します。堅い表現なので、同じ意味で...

記事を読む

NO IMAGE

形容詞・副詞 + as + 主語 + 動詞

「形容詞・副詞 + as + 主語 + 動詞」の語順で「~だけれども」という譲歩の副詞節になります。文語調で堅い表...

記事を読む

NO IMAGE

try as + 主語 + 助動詞

「try as + 主語 + 助動詞」の語順で「一生懸命やってみたけれども」「どんなにやろうとしても」という譲歩の...

記事を読む

NO IMAGE

as ~ know

「as ~ know」で「~も知っているように」という意味になります。 As you know, I...

記事を読む

スポンサーリンク