非制限用法の whose

whose は関係代名詞の所有格です。非制限用法とは関係代名詞の前にコンマがつくパターンです。
先行詞について単に補足的説明を加える以外にも、理由・反対・譲歩・続いて起こる動作などを表す場合があります。
先行詞が人名などの固有名詞である場合は、必ずこの非制限用法になります。


My uncle, whose wife is French, lives in Paris.
私のおじは、奥さんはフランス人で、パリに住んでいます。

The summer house, whose walls are painted white, is ours.
壁が白く塗られているあの別荘は私たちのものです。

My brother, whose books are very famous, lives in Yamanashi.
私の兄の本はとても有名ですが、その兄は山梨に住んでいます。

Canterbury, whose cathedral is famous, is in Kent.
カンタベリーはその大聖堂が有名であるが、ケント州にある。

Jim, whose father is the president of the company, has received a
promotion.
ジムは、父親がその会社の社長なのだが、昇進した。

Amy, whose boyfriend didn’t turn up, ended up having lunch with her sister.
エイミーはボーイフレンドが来なかったので、結局姉と昼食を食べた。

The injured pedestrian, whose leg had been broken, was carried away in an ambulance.
けがをした歩行者は脚が折れていて、救急車で運ばれた。

West of Banff and Jasper, there is Yoho National Park, whose name derives from a Cree expression of wonder and reverence.
バンフとジャスパーの西にはヨーホー国立公園がある。その名前は「驚異と尊敬」を意味するクリー族の言葉に由来する。

スポンサーリンク