複合関係代名詞「whoever」

「which」「what」「who」に「ever」のついた複合関係代名詞は、名詞節および譲歩を表す副詞節を導く働きがあります。「whoever」が名詞節を導く場合は「~する人は誰でも」を表し、譲歩の副詞節を導く場合は「誰が~しようとも」という意味を表します。


Whoever wants to join our club will be welcome.
私たちのクラブに入会したい人は誰でも歓迎する。

Give the book to whoever wants to read it.
その本を誰でも読みたい人にあげなさい。

Whoever says so is a liar.
そんなことを言う人は誰でもうそつきだ。

You can invite whoever you like.
あなたは好きな人を誰でも招待してよい。

Whoever comes, you must not open the door.
たとえ誰が来てもドアを開けてはいけません。

Whoever leaves the office last should switch off the light.
会社を最後に出る人は誰でも明かりを消さなくてはならない。

He told the story to whoever came to see him.
彼は会いに来る人には誰にでもその話をした。

Whoever is responsible, we should seek the best solution of this difficulty.
誰に責任があるにせよ、このやっかい事の一番よい解決法を探さなくてはなりません。

He got angry with whoever opposed him.
彼は自分に反対する誰にでも腹を立てた。

Whoever picks the most strawberries in an hour wins a prize.
1時間で最も多くイチゴを摘んだ人が賞を獲得します。

I can’t believe whoever says so.
そう言う人は誰も信じられません。

We will welcome whoever wants to come.
私たちは来たい人は誰でも歓迎する。

Whoever is the first to finish will get this prize.
最初に終えた人が誰でもこの賞品をもらえます。

Whoever is responsible for this accident will be punished.
この事故に責任のある人は誰でも処罰されるだろう。

Whoever completes the questionnaire will get a free gift.
アンケートに答えた人は誰でも、無料プレゼントがもらえます。

スポンサーリンク