倒置された英文

倒置された英文

if の省略による倒置

「倒置」は主語(S)と述語動詞(V)の語順が逆になり「V+S」の語順になることです。ここでは仮定法の if の省略による倒置を紹介しています。「Were(Should、Had)+主語」の語順になります。 Should he b...
倒置された英文

倒置(補語を文頭に置いて強調)

「倒置」は主語(S)と述語動詞(V)の語順が逆になり「V+S」の語順になることです。ここではS+V+Cの文で補語(C)を文頭に置き「C+V+S」の形にして強調する倒置を紹介しています。ただし、主語が代名詞の場合には倒置は起こらず「C+S+V...
倒置された英文

倒置(否定語を文頭に置いて強調)

「倒置」は主語(S)と述語動詞(V)の語順が通常の「S+V」とは逆になり「V+S」の語順になることです。ここでは否定的な意味の言葉を文頭に置き「否定語+V+S」の語順で強調する場合を紹介します。現在・過去の一般動詞を含む文では「否定語+do...
倒置された英文

倒置(副詞を文頭に置く場合)

「倒置」は主語(S)と述語動詞(V)の語順が逆になり「V+S」の語順になることです。ここでは運動の方向や場所などを表す副詞(句)を文頭に置き「副詞+V+S」の形にする倒置を紹介しています。ただし、主語が代名詞の場合には倒置は起こらず「副詞+...
タイトルとURLをコピーしました