to say nothing of ~

「to say nothing of ~」は「~は言うまでもなく」という意味の慣用句です。


He can speak French and German, to say nothing of English.
彼は英語はもちろん、フランス語もドイツ語も話せる。

It was a complete waste of time, to say nothing of all the bother.
それは全く時間の無駄づかいだったよ。すごく面倒だったことはもちろんね。

He knows no English, to say nothing of French.
彼はフランス語はもちろん英語も知らない。

The garden was a mess, to say nothing of the house.
家は言うまでもなく、庭もひどいものだった。

I went bird watching, but I could not find even a sparrow, to say nothing of a thrush.
野鳥観察に出かけたが、ツグミどころかスズメも見えなかった。

I have no position, to say nothing of money.
私は地位もありませんし、お金はなおさらありません。

She doesn’t even know polite language, to say nothing of good manners.
彼女は言葉遣いも知らないし、まして行儀など知るはずがない。

スポンサーリンク