仮定法過去完了

「仮定法過去完了」は「仮に~であったならば…だっただろう」というように、過去の事実とは逆の仮定を表します。「仮に~であったならば」の条件節の動詞は過去完了、「…だっただろう」の帰結節の動詞は「過去形助動詞(would、should、could、might) + have + 過去分詞」を用います。


If the weather had been good, the party would have been successful.
もしも天気がよかったならば、パーティーはうまくいっただろう。

If I had known your phone number, I would have called you.
あなたの電話番号がわかっていたら、お電話したのですが。

If I had run, I might have got there in time.
もし走ったなら、私は間に合ったかもしれない。

If I had known, I would have attended the meeting.
もし知っていたら、私はその会に出席したのに。

If he had been wearing his safety belt, he wouldn’t have been killed.
もし安全ベルトをしていたら、彼は死ななかっただろう。

If I had known she would be there, I wouldn’t have gone.
彼女が来ると知っていたら、私は行かなかったのだが。

If I had voted against him, he would have had to resign.
もし私が彼に反対投票したら、彼は辞職しなければならなかっただろう。

What would have happened if I hadn’t smelled gas?
私がガス漏れに気づかなかったら、何が起こっていただろう。

If I had had enough money, I could have bought the picture.
もしお金を十分に持っていたら、その絵が買えたのに。

If I had left ten minutes earlier, I would not have missed the train.
もし10分早く出発していたら、列車に乗り遅れることはなかっただろうに。

I could have come earlier if I had wanted to.
来ようと思えばもっと早く来られたのですが。

If I had been single, I would have proposed to Meg.
もし私が独身だったら、メグにプロポーズしただろう。

If you had explained the problem clearly, we could have understood it.
もしあなたがその問題をはっきり説明してくれていたら、私たちは理解できたのに。

If he had played well, his team would not have lost the game.
もし彼がうまくプレーしていたら、彼のチームは負けなかっただろうに。

スポンサーリンク